ユリ

Category
霜対策
エラブユリは南国のユリ。同じ堤防に咲いたタカサゴユリと違って寒さに弱い。去年は霜に遣られた。今季はカップ直径130ミリ高さ80ミリを被せてみた。カップの高さを超えた芽は枯れ草でテント代わりにした。ついで追肥した。去年に5...
エラブユリ
まず、竹の杭を刺して枯れ草を被せた。冬支度は良しだろう。
エラブユリ
エラブユリ(テッポウユリ)の芽が出てた。気付かずに自分で踏んでたようだ。冬(越冬)対策は刈った枯れ草を載せることにした。 タカサゴユリ 殆どが枯れて種の段階なのに、未だ蕾がある。寒さに耐えて花開くか楽しみだ。
タカサゴユリ
新池堤防のユリの種が風に飛ばされたのだろう。堤防の法面に百合の花が増えた。去年まで気が付いた花は植えに移植したけど、タカサゴユリの雑草生命は凄い。
タカサゴユリ
5部咲きかな。今年の一番多い花は7個。去年14個もついてた茎は今年は全くだめだ。80Cmぐらいの細い茎だ。全体に去年より小ぶりかな。
タカサゴユリ
辻の新池堤防のタカサゴユリが開花した。今年は遅いと思ったが、例年と同じようだ。ただ、去年とは育ちが違う。ユリにも裏作が有るかな。
姥婆ユリ
槙尾山・施福寺より降りるときの石段中腹辺り壁(崖)に1.2メータぐらいウバユリが一本咲いていた。河内飯盛山で見かけたウバユリより花弁(花びら)少ない。終わりに近いのか、葉(歯)が無いが下葉も無かった。
タカサゴユリ
辻の新池のタカサゴユリの育ちが例年と、全く違う。育ちがわるい。堤防左側。右側の一株だけが例年通りだ。
ササユリ
トレッキングコース内に数カ所有るササユリで最後の蕾が開花した。そろそろ、開花時期を見越して濡れた笹の道を掻き分けて行ったのでズボンはずぶ濡れだった。滅多に通らないコースなので、間に合ってホッとした。
エラブユリ開花
2018/10/09に植えたエラブユリが開花した。幾多の難(寒さ、霜、イノシシの害、踏み潰され)を乗り越えてやっと開花だ。この手の花(球根、一年生草)は堤防には向かない地を荒らすかも。来期は自然のままに。 開花