ユリ

Category
悪戯
奥側の5本を丁寧に枯れ草テントの隙間を開けて、10センチぐらいに育ったユリを抜き取っている。球根は残っているから、嫌がらせだろう。手前側の5本は手を付けず無事だった。
初霜
辻の新池堤防のユリの芽に被せた枯れ草が真っ白。気温1℃。カップと藁の中のエラブユリは大丈夫だった。ムリだと思ったタカサゴユリの蕾が開いた。
霜対策
エラブユリは南国のユリ。同じ堤防に咲いたタカサゴユリと違って寒さに弱い。去年は霜に遣られた。今季はカップ直径130ミリ高さ80ミリを被せてみた。カップの高さを超えた芽は枯れ草でテント代わりにした。ついで追肥した。去年に5...
エラブユリ
まず、竹の杭を刺して枯れ草を被せた。冬支度は良しだろう。
エラブユリ
エラブユリ(テッポウユリ)の芽が出てた。気付かずに自分で踏んでたようだ。冬(越冬)対策は刈った枯れ草を載せることにした。 タカサゴユリ 殆どが枯れて種の段階なのに、未だ蕾がある。寒さに耐えて花開くか楽しみだ。
タカサゴユリ
新池堤防のユリの種が風に飛ばされたのだろう。堤防の法面に百合の花が増えた。去年まで気が付いた花は植えに移植したけど、タカサゴユリの雑草生命は凄い。
タカサゴユリ
5部咲きかな。今年の一番多い花は7個。去年14個もついてた茎は今年は全くだめだ。80Cmぐらいの細い茎だ。全体に去年より小ぶりかな。
タカサゴユリ
辻の新池堤防のタカサゴユリが開花した。今年は遅いと思ったが、例年と同じようだ。ただ、去年とは育ちが違う。ユリにも裏作が有るかな。
  • よく読まれている記事