河内飯盛山の自然

花10月

Category

シーズンオフ

気温が下がってアサギマダラの移動シーズンは終わった。今季は6勝4敗だった。例年より写真は撮れた。池で10時頃に合わせるのに3時間ほど遅らすので結構リズムを崩した。堤防に朝露に濡れたタンポポ、タカサゴユリが1本、ヒヨドリバナも枯れかけた。

酔芙蓉

朝陽に照らされて白い花が2輪咲いていた。色変わりするから、花言葉は、「心変わり」「繊細な美」「しとやかな恋人」らしい。明日から色変わりが楽しみだ。

酔芙蓉

昨夜から雨。止みそうに無いのでヘルメット、合羽で出かけた。下山途中の民家近くで気付いた。いつの間にか紅、ピンクになっていた。※アオイ科フヨウ属の落葉低木。一重咲きの芙蓉に対して酔芙蓉は八重咲きが特徴。色が変わる様子が酒を飲むと赤らんでいく顔色に ...

十月桜

フユザクラの八重。深北緑地。寿命がながぁい花だ。散らずにドライフラワー風になっているようだ。一番大きな残念石(大坂城築城石垣運搬から溢れた)が東屋近くにある。

ピンクのツバキ(椿)

野崎観音さんと登山道分岐近くにピンクの花が咲いていた。椿、ピンク色でググったら乙女椿(おとめつばき)と出た。椿の開花時期が3、4、5月であったが早咲きのようだ。 法面側から撮影

よく読まれている記事