アオゲラ20回目

竹林で朝早くからキツツキの音がした。竹に共鳴してそれなりに、激しい音だ。竹の節のすぐ上を掘っているのが興味深い。この位置だと虫が居りそうだ。アオゲラの背中正面から見ると第三の足、尾っぽの役目が分かる。ピッタリと竹に引っ付いて身体を支えていた。しかもV字に割れて丸柱に効果的だ。 穴の小さいほうに張り付いて掘っていたが人の気配で大きい方に移って頭を突っ込んでいた。虫がいなかったのだろう、すぐ違う樹へ飛んで行った。

  • よく読まれている記事