ウバユリ(姥百合)

常連のハイキング中間から情報が寄せられた。頂上付近の笹の群生に咲いていた。花はあまり開かず百合らしくありません。花のころには葉(歯)がないことから「姥」の名が使われたそうですが、ただ葉はちゃんと 残っていることが多いようです。※仲間が周囲の下草を刈ってあった。

よく読まれている記事