河内飯盛山の自然

ヤマドリ

雨の心配が無いので望遠ズームを持ち出した。予感通りに雄が待っていた。ただ直ぐに藪に入った。葉の向こうでも目を光らせていた。動きが少ないのでピント合わせが楽だ。 雄の貫禄が出て来た。高い処から見下ろすのが雄の習性だろう。

About This Artist

nagata

よく読まれている記事